介護知識や介護技術を身に付ける為に必要な3段階

人材育成
スポンサーリンク

介護の現場で、指導を行っていると良く聞く言葉があります。その言葉は・・・

「やってます!」

です。

そうです。確かにやっています。しかし、知識や技術を最大限に生かす為には、「やっている」では足りないのです。

今日は、知識や技術を身に付ける為に必要な3段階について話しをしたいと思います。

せいいちゃん
せいいちゃん

介護の仕事は楽しんだもん勝ち!【人生の技術】せいいちゃんです!

今日もよろしくお願いします<m(__)m>

知識や技術を身に付ける為に必要な3段階

私が考える、知識や技術を身に付ける為に必要な3段階は下記の通りです。

  • 知っている。
  • やっている。
  • 出来ている。

この3つが、知識や技術を身に付ける為に必要な3段階です。

では、一つずつ解説していきます。

知っている。

これは、知識や技術を身に付ける上で、最も重要で入り口部分になります。

こればなければ何も始まりませんので、まずはここからです。

皆さんも、興味のあることや知りたい事がある時は、本を読んだり、ネットで調べたり、勉強会に参加したりと、「学ぶ」と思います。

そして、その「学ぶ」という行動を行った時に、「知る」事が出来ます。

その「知る」という行動は、「自分に必要になったが、不足しているものを補う」という行動です。

つまりは、今現在必要になった知識や技術なのです。

「知る」ことが出来て初めて、次の行動に移ることが出来ます。

やっている。

「知る」の次の段階はこの「やっている」になります。

これは、得た知識や技術を「意識的に行っている」ことになります。

獲得した、知識や技術を無駄にしないように、また、身に付ける為に反復練習をしている状態です。

スポーツを行う時に、基礎練習を徹底的に行うことに似ています。

実はこの段階で脱落者が出る事が多く、折角「知る」で得た知識や技術を忘れて「やっていない」の状態になってしまいます。

「知る」の段階よりもこの段階の方が辛くて長い道のりでもあります。

出来ている。

最終的に皆さんに到達して頂きたいところが、この「出来ている。」です。

この「出来ている。」に到達するには、「知って、やって」を繰り返し、意識せずに知識や技術を使っている状態になります。

例えば、自転車!(乗れない人もいると思いますが・・・)

まずは乗り方を知る。「ペダルを漕ぐ、ハンドルを動かす、ブレーキで止まる。」です。

次に、知った乗り方で実践をひたすら繰り返します。平地が大丈夫になったら、坂道や階段・・・

階段はある一部の方だけ練習すればよいです(;^_^A

その実践を繰り返して、気が付くと何も考えずに乗れるようになるのです。

つまり「出来ている。」の状態です。

特に、介護技術は繰り返し繰り返し実践を行って、身に付けることで、意識しなくても相手に負担を与えない方法が見に付きます。

認知症の方の支援も同じです。

認知症の方の支援場面でよく見かける「覚えてる?」という言葉ですが、認知症の記憶障害を「知って」覚えられなくなることを理解し、「覚えてる?」を言わない努力をします。

初めは言わないように意識してことが、自然と言わなくなるのです。

この状態が、認知症のある方に対して「覚えてる?」という言葉を使わない事が出来ている状態です。

まとめ

知識や技術を身に付ける為に必要な3段階はいかがだったでしょうか?

とても当たり前の事を言っているだけなのですが、介護の現場にいくと出来ていない人が多いのです。

何の為に本を読み、ネットで調べ、研修に行くのでしょうか?

折角獲得した知識を身に付けないととても勿体ないです。

「知って、実践して、出来るようになる。」

このたった3つの事をやるだけですから、是非この3段階を常に意識してほしいと思います。

実は、この「出来ている。」までを加速させる1つの方法があります。

その方法とは・・・

近いうちにアップしますね!

では、今日はこの辺で!

ありがとうございました。(#^.^#)

タイトルとURLをコピーしました